書籍情報、店舗案内、神父や修道士のコラムなど。

これってどんな種?

中に入って見るという種 復活の主日(ヨハネ20・1〜9)

 私たちは、四旬節の中でイエス様の「受難と復活」を黙想してきました。そして、ようやく「復活の主日」を迎えます。私たちは、【主の復活】をどのように、私の中で思い巡らすことができるでしょうか。

 きょうのみことばは、マグダラのマリア、そして、シモン・ペトロとイエス様が愛しておられた弟子が、イエス様を葬った墓に行く場面です。マグダラのマリアは、週の初めの日の朝早く、まだ暗いうちに、イエス様が葬られた墓に行きます。ヨハネ福音書には、書かれてありませんが、マグダラのマリアの他に何人かの婦人たちがイエス様に香油を塗るために行ったのです。このことは、当時の習慣だったのかもしれませんが、それ以上にイエス様への愛の表れだったのではないでしょうか。特に、マグダラのマリアのイエス様を思う気持ちは、他の婦人たちより多かったのでしょう。ですから、四福音書の復活の場面は、必ず【マグダラのマリア】が登場しています。

 マグダラのマリア(彼女たち)は、イエス様が葬られた墓に着くと墓から取り除かれた石を見ます。マルコ福音書では、「墓の入口からあの石を転がしてくれる人が、誰かいるでしょうか」(マルコ16・3)と話し合うほどに、彼女たちの力では取り除くことができないほど重たい石で墓を封がされていたのです。他の福音書でも墓を封している【石】のことが記されています。この【石】は、死者と生きている人とを区別するものとして表しているのかもしれません。しかし、イエス様の復活の場面の墓では、この【石】が取り除かれています。この【開かれた墓】とイエス様の【復活】は、特別な関係があるような気がいたします。

 マグダラのマリアは、墓から石が取り除かれているのを見て、シモン・ペトロと、イエス様が愛しておられた弟子(ヨハネ)の所に走って行き、「誰かが主を墓から取り去りました。どこへ置いたのかわたしたちにはわかりません」と伝えます。彼女は、取り除かれている【石】を【見て】イエス様が居られないことを感じたのです。みことばには、書かれてありませんが、彼女は、墓の中を見たのではなく、ただ墓を封じている石が取り除かれているのを【見て】そう感じたのです。彼女は、まだ日が昇っていない中2人の弟子たちの所に【走って】行きます。彼女は、大好きなイエス様が「誰かに取り去られた」と思い込んでこのことを早く知らせなければと思ったのです。そして、息せき切って2人弟子たちの所に行って「誰かが主を墓から取り去りました」と伝えます。もちろん、彼女はまだイエス様が復活されたことを理解できていませんでした。

 2人の弟子たちは、彼女の知らせを聞いて、イエス様が墓に居ないということを確かめるために【走って】墓に向かいます。ヨハネは、ペトロよりも早く墓に着き「身をかがめてのぞき込むと、亜麻布が平になっている」のを見ます。彼は、「のぞき込んだ」だけでまだ墓には入っていません。それでも、亜麻布が平らになっていて、イエス様が居られないという事実を確認したのです。続いて、ペトロも墓に着き、【墓の中に入って】よく見ると、イエス様の頭を巻いていた布切れがその元のままの状態で亜麻布と一緒に置いてあるのを確認します。

 ヨハネは、ペトロが墓の中に入って亜麻布と頭に巻かれた布きれを確認した後に、ようやく【墓の中に入って】、【見て】、イエス様がいないこと、そして、復活されたことを【信じます】。イエス様の【復活】は、「神秘」という以外で表現できず、頭だけでは理解できないものです。幸いにも洗礼の恵みを頂いている私たちは、イエス様が【復活】されたことを、み言葉を通して、また、【信仰】の【目】を通して知ることができます。では、マグダラのマリアや弟子たちは、どのようにしてイエス様が【復活】されたことを信じたのでしょうか。

 復活されたイエス様を信じるためには、まず【見る】ことと、【墓の中に入る】または、【のぞき込む】ことではないでしょうか。マグダラのマリアは、取り除かれた【石】を見ましたが、墓の中には入っていません。それで、「誰かが主を墓から取り去った」と思ったのです。しかし、2人の弟子たちは、ただ、【見る】だけではなく、【墓の中に入って】イエス様が復活されたことを信じます。その後、マグダラのマリアは、弟子たちが家に帰った後に、身をかがめて【墓の中をのぞき込んで】、イエス様が居られないことを確認した後、み使いたちに声をかけられても、まだ、イエス様が誰かに取り去られたと思い込んでいます。さらに、イエス様から「マリア」と声をかけられてようやく、イエス様が【復活】されたことを【信じ】、弟子たちの所に行って「わたしは主を見ました」と伝えます(ヨハネ20・11〜18)。

 私たちは、み言葉と信仰によってイエス様の【復活】を信じることができました。しかし、まず、イエス様と【出会う(見る)】ことがないと洗礼の恵みを頂くことができません。私たちは、日々の生活の中で復活されたイエス様を【見て】感じ、信仰を深めることができたらいいですね。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
井手口満修道士

聖パウロ修道会。修道士。 1963年長崎に生まれ、福岡で成長する。 1977年4月4日、聖パウロ修道会に入会。 1984年3月19日、初誓願宣立。 1990年3月19日、終生誓願宣立。 現在、東京・四谷のサンパウロ本店で書籍・聖品の販売促進のかたわら、修道会では「召命担当」、「広報担当」などの使徒職に従事する。 著書『みことばの「種」を探して―御父のいつくしみにふれる―』。

  1. 宣教に出かけるという種 年間第15主日(マルコ6・7〜13)

  2. 本質を見るという種 年間第14主日(マルコ6・1〜6)

  3. 触れるという種 年間第13主日(マルコ5・21〜43)

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP