書籍情報、店舗案内、神父や修道士のコラムなど。

会員たちのコラム

「苦しむ」という使徒職 Gomes da Silva Filho Manoel

要約
 アルベリオーネ神父は、生涯を通じて健康や多くの喪失を経験し、その苦しみをキリストの受難への参加と見なしていました。彼は、苦しみをただ受動的に受け入れるのではなく、使徒職として積極的に捧げるべきだと教えました。苦しみを通じてキリストとの深い結びつきを持ち、神に喜ばれる犠牲として捧げることで、信仰の真の使命を果たすことを強調しました。また、病者や共同生活での苦難も使徒職として受け入れることを説き、苦しみを通じて神の愛を伝えることの重要性を示しました。

 アルベリオーネ神父は、苦しみを身近に経験しました。彼が生涯を通じて脆弱な健康のために苦しんだことは皆知っています。しかし、それだけでなく、大きな宗教家族の父祖としても、彼は何度も苦しみを経験しました。直面しなければならなかったすべての問題を超えて、例えばジャッカルド師、フェデリコ・ムッツァレッリ神父、そして初代総長など、彼が経験した喪失について考えてみましょう。

 このため、アルベリオーネ神父は単なる観察者として苦しみについて語るのではありません。それは彼の人生の軌跡全体の現実でした。この点で、アルベリオーネ神父は使徒パウロの考えに非常に近く、苦しみをキリストの受難への参加として、そして真の使徒職として見ていました。ここでは、創立者の苦しみの使徒職についての考えのいくつかに簡単に触れます。

 1908年の彼のメモには次のように書かれています:「聖霊は言います:この人生で善を行えば、死の時にそれを見出すでしょう。あなたは永遠に幸せになるでしょう。確かに、ここでは何かを苦しむでしょうが、その後永遠に喜ぶでしょう。勇気を出しなさい:私の恵みがあなたを助けます」(ノート1、17ページ)。この言葉には、「現在の苦しみは、やがて私たちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないと私は考えます」(ローマ8:18)と言う使徒パウロの声が聞こえるようです。

 1933年、出版使徒職のためのイラストの重要性について話す中で、アルベリオーネ神父は「神のために苦しみ、神のために働くキリスト教徒の魂の満足」に言及しています(出版使徒職、69ページ)。続いて、第一師父は神のために苦しむ人々の例として殉教者と信仰告白者を挙げています。しかし、彼は確かに善を行う人々を襲う他の多くの種類の苦しみについても考えていたでしょう。

 私たちがすべきことについて常に心配している私たちにとって、アルベリオーネ神父が従う使徒職の順序は衝撃的かもしれません。実際、彼は私たちができることにたどり着く前に、私たちが何者であるかにむしろ関心があるようです。したがって、苦しみは主の受難のすべてのキリスト教徒の生活への適用として見られています。明らかにそれは求めるべきものではありませんが、イエスに従う生活を苦しみの経験なしに想像することもできません。しかし、アルベリオーネ神父はこの経験を受動的なものとしてではなく、使徒職として、つまり真の使命として理解しています。

 苦しみを使徒職にするのは、その原因でも大きさでもなく、各人がそれを受け入れ、同時に捧げる方法です。1960年のアリッチャでの黙想の第4週目、最後の指導で、アルベリオーネは様々な使徒職について語り(以前見たものとは異なる順序で)、苦しみを秘跡として捉える考えを擁護しています:「フェイバー神父はこう表現しています:『苦しみは最も偉大な秘跡である』。そして実際、他の秘跡に価値を与えるのはこれです。そして私たちは皆、使徒職の精神で主に捧げる多くの苦しみを持っています」(UPS IV、275)。

黙想のために:
 キリストの苦しみは私たちを自分自身の苦しみに立ち返らせます。主がまさに苦しみを通して私たちを救ってくださったことを忘れてはいけません。だからこそ、私たちは正しい精神で苦しみを生きなければなりません。そうすることで、それが贖いとなるのです。

 苦しみについて語るとき、私たちの思いは病人たち、特に私たちの病院で痛みの経験をしている人々に向けられます。彼らもまた使徒であることを忘れてはいけません。彼らはキリストと親密に結ばれて生きる機会を持っています。フランシスコ教皇が世界病者の日のために書いた最初のメッセージ(2014年12月6日)で、こう述べています:

 「教会は、愛する病人の皆さんの中に、苦しむキリストの特別な存在を認識しています。そうです。私たちの苦しみの傍らに、いや、その中にイエスの苦しみがあり、イエスは私たちと共にその重荷を担い、その意味を明らかにしてくださいます。神の御子が十字架に上られたとき、苦しみの孤独を破壊し、その闇を照らしてくださいました。このようにして、私たちは神の愛の神秘の前に置かれ、それは私たちに希望と勇気を与えます。希望は、神の愛の計画の中で、痛みの夜も復活の光に開かれるからです。そして勇気は、どんな逆境も主と共に、主と一致して立ち向かうためです。」

 教皇によれば、苦しみには「連帯」があります。つまり、キリストは常に私たちと共におられ、特に – こう言えるでしょう – 私たちが苦しんでいるときにこそ共におられます。イエスが常に私たちの傍らにおられることを確信すれば、私たちの人生の苦しい瞬間を穏やかに生きる力を見出すでしょう。実際、穏やかさは苦しみの価値を理解し、常にイエスとその模範から人生を見ることができる人々の特徴です。これらの人々は、技術的に完璧な多くの講話よりも神の愛をよりよく伝えることができます。

 しかし、苦しみは身体的なものだけではありません。他にも多くの形があります。例えば、共同生活を考えてみましょう:それはどれほど多くの苦しみをもたらすことでしょう。自分自身の限界や他人の限界を耐え忍ぶことは決して楽しいことではありません。共同体が要求する規律に従うのではなく、自分たちのスケジュールを組むことができればずっと楽でしょう。自分とは異なる、あるいは全く反対の方法で考える人々と生活を共にすることは決して楽しいことではありません。これらはすべて、反抗の精神で生きるか、あるいは穏やかに、そして意識的に主に使徒職として捧げることができる状況です。

したがって、苦しみは人間の存在の構成要素です。この世を苦しみを経験せずに通り過ぎることはできません。アルベリオーネ神父は – 聖パウロと同様に – この現実をよく理解し、彼の息子たちと娘たちに、人生が課す痛みや苦難を受動的に苦しむのではなく、常にキリストとより一致し、私たちが経験するすべてを神に喜ばれる犠牲として捧げるべきだと教えました。

 苦しみの秘跡性を意識しましょう。痛みの経験をしなければならないときはいつでも、キリストのために – 彼への愛のために痛みを捧げ – 、キリストと共に – 彼が私たちを見捨てず、私たちの傍らで苦しんでいることを知り – 、そしてキリストの内に – 彼と私たちの救いの神秘に完全に浸って – 生きるよう努めましょう。

Gomes da Silva Filho Manoel(イタリア管区、助祭)

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP